インスティルの仕事場・遊び場

マーケティングと思考習慣で「健やかに働く」人と会社を応援する銀座の女性社長ブログです

独立決意!自宅で開業なら知っておきたいメリット、デメリット

time 2015/09/07

独立開業を決意したクライアントさんや相談者からよくいただく質問です。

IMG_1111

自宅で開業するにあたってはメリット、デメリットがあります。

両方をわかった上で、自分は何を優先するとよいか考えてから決断されること
をおすすめします。

自宅開業の最大のメリットはコスト抑制

これは皆さんもお気づきすよね。まずは自宅を事務所がわりに事業を始めれば
家賃がかかりません。

家賃がかからないということは、固定費が発生しない ということです。

固定費とは、売上に関わらずかかってくる費用のこと。

売上が当初10万円しかあがらないのに、事務所代わりに借りたマンション
の家賃が8万円だとすると、あっという間に資金繰りが苦しくなっていき
ます。

家賃8万円のマンションを借りたら年間96万円を売上に関係なく負担しなければ
ならないということです。

自宅起業の場合、この96万円分を他のことに使えるわけです。自宅を事務所
っぽくするための家具や備品に回せるのです。

自宅起業はこんな方にお勧めします。

・あまり自己資金なく開業する。
・まず資金繰りの心配からは解放されたい。
・自宅に事務所代わりのスペースが確保できる。
・インテリアセンスがよくビジネスにとって有利 (アトリエ、サロンになる)
・お客さんと頻繁に会わなくてもよいビジネスである。
・自宅住所をお客に伝えても問題ないと考えている。

一方、自宅開業のデメリットもいくつかあります。

気分の切り替えが難しい

いいことづくしの様に思う自宅開業ですが、デメリットもいくつかあると考えます。

1つは気分転換ができにくくなること です。

私も起業当初は自宅を事務所代わりに仕事をしていましたが、半年くらい経ってからこれでは
まずいと思うようになりました。

仕事とプライベートの時間をしっかり分けることが難しくなっていったからです。

食事を仕事部屋に持ち込んで仕事をしながら食べたり、一旦寝てもまた起きて仕事をしたり。
メリハリがつかなくなっていきました。

オンとオフの境があいまいになり次第に集中力も途切れがち になりました。

高い集中力を保って仕事に取り組まなければ、ビジネスは長く継続できません。

これではまずいと思い2年目に銀座にオフィスを借りました。以来ずっと家賃を払い
続けています。

そうは言っても「気分の切り替えは近所や繁華街のカフェをいくつか持ち、ノマド
で仕事をすればその問題は解消できるよね?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。

自分だけならそれでよいでしょう。でも仕事には必ず「お客さん」がいます。

カフェやラウンジでの打合せを嫌うお客さんもいる

お客さんと打合せやセッションを頻繁にしなければいけない仕事の場合、自宅がしっかり
事務所仕様になっていればよいのですが、

そうでなく自分の作業をするスペースしかないという場合、
必然的に近所のカフェやホテルのラウンジで行うことになります。

お客さんによっては、その他大勢の人がいる中でのミーティングやプライベートな相談を 嫌がる方もいらっしゃいます。

打合せが常に外ばかりだと、プライバシーや守秘義務を重視するお客さまからは予約やお申込みを受けにくくなることを覚悟しておきましょう。

本来の夢を手放すことが最大のデメリット

私もそうですが、人はどうしてもラクな方ラクな方へと流されます。

当座家賃の心配がなくなると、ある程度売上があがってきたときに「これくらいで良いか」と 安心して、それ以上の成長をのぞまなくなったりする傾向にあります。

これが自宅起業の最大のデメリットであり、将来のビジネスに最大のリスクになる可能性があります。

そもそも起業する際には、こんな夢を描いたことはなかったですか?

・こんな場所にオフィスを持ちたいな・・・。
そうなったら自分も気分よく仕事できるだろうな。

・こんな事務所やサロンのインテリアでお客さんをお迎えしたら、
きっとお客さんも
喜んでくれるだろうな。

・仕事が終わったら近所のこんなカフェで一休みしてから家に
帰ったらなんて気分がいいんだろう・・・!

せっかく起業を決意したのですから、それを叶える方向で動きましょうよ!

実現には、資金がいくらあればよいかはすぐわかるはずです。
何年でそのお金を貯めるか決めてしま いましょう。

過去にコンサルティングした個人事業主のクライアントさんの中で、
独立当初で顧客ゼロの時から 家賃10万円を超える仕事場を借りた方が、
お1人だけいらっしゃいました。

しばらくは自己資金で家賃を支払うが、払えなくなったら部屋は手放す。

そうならない様に必死で頑張る という不退転の決意がみられその後の仕事
への努力と集中ぶりは頭が下がるほどでした。

彼女の仕事は、開業後まもなく軌道にのり、10年目の現在もお客様であふ
れています。

決して誰にでもお勧めできるやり方ではないですが、

覚悟を決める上では、独立当初から物件を借りることのメリットは大きい
ものがあります。

*********************************************************
★☆編集後記☆★

毎月お世話になっている銀座の股関節専門整体サロン「ルサロン銀座」
のM先生が「9月病」についてフェイスブックで書いておられ、
この記事をシェアしていました。

肩こり、疲れがとれない、朝早すぎる時間に目がさめる・・・まさに
自分の今とぴったりだったのでびっくり。

明日から遅い夏休み。箱根の温泉でリフレッシュしてきます。

★☆週末のONTAD☆★

・今季初の秋刀魚
・ベーグル&ベーグル赤羽店
・本「ブログ飯」
 

*“ONTAD”とは”One New Thing A Day”、
文字通り1日1つ新しいコトの体験を記録していきます。
*********************************************************