インスティルの仕事場・遊び場

マーケティングと思考習慣で「細く・長く・健やかに働く」人と会社を支援する、銀座の女性社長ブログです

マレーシア出張 持っていってよかった!5アイテム

time 2015/12/14

IMG_3019

11月下旬から1週間マレーシアに出張してきました。

マレーシアは2度目。

プライベートでは2014年夏に高地のキャメロンハイランド
に行きましたが、

仕事では今回が初めて。ペラ州のパリト・ブンター
(Parit Buntar)に滞在しました。

首都のクアラルンプールから約300キロ北にあります。
高速道路でひたすら走り、約4時間かかりました。

11月は雨期のマレーシア。1日1回は主に夕方から1時間半~
数時間土砂降り になります。時には朝に見舞われることも。

ただし、雨が上がると痛いくらいの強い日射しがふりそそ
ぎます。

そんな中での仕事でした。

IMG_3242

仕事内容は詳しく書けないので、今回の出張で持っていってよかった

ものと持っていくべきだったものをご紹介します。

持っていってよかったもの

 1)携帯スリッパ

飛行機の中ではもちろん、地方都市のホテルには、備品
が本当に必要最低限しか揃っていません。

特に部屋で履くスリッパは備え付けられていないことも多
いので日本の100円ショップなどで買っていった方が無難
です。

私はたまたま2組持っていったので、滞在先のホテルでは
同行の日本人専門家の方に1組差上げました。

2)ストール、羽織り物

東南アジアはどこもそうだと思いますが、外の気温は高い
一方で車内含めて室内はエアコンをきかせてキンキンに
冷えています。

なので、半そでのままでいると、女性は特に体調を崩し
がちになります。

今回はリネンのストールとコットンのジャケットともって
いきとても重宝しました。

 3) ウエットティッシュ

外で食事をしたり移動中高速道路のサービスエリアで、
タマリンドやレンブなど南国の果物を屋台で買って食べる
ことがありました。

その時に役立ったのがウエットティッシュです。これが
あるとベタベタも気にせず買い食いが楽しめます。

4)変圧器・プラグ

マレーシアは電圧が220-240Vです。

ちなみに日本の電圧は100Vですので、変換するコンバータ
(変圧器)が必要です。

プラグは、マレーシアでは殆どBFというタイプで問題ありません
でした。このプラグも日本から持参しました。

この記事を書いている途中でこんなサイトを見つけたので、
海外に行く前にはチェックすると良いでしょう。

「各国の電圧とプラグの形状」

5)新ビオフェルミンS

昔からある整腸剤です。海外に行く時には必ず持っていきます。

私はほんのり甘い味が好きなので錠剤ではなく「細粒」の方を買います。

おなかをこわした時だけでなく、お通じがない時にも有効です。

今回も屋台でカットフルーツや氷入りジュースやご飯を沢山食べまし
たがまったく平気でした。

余談ですが、私の1週間後に初めての海外出張でベトナムに行った
女性もビオフェルミンを持っていき、

滞在中は快適に過ごせ、最終日だけ飲み忘れたら日本に帰国直後
大変な目にあったそうです。

この話をきいて益々信頼度を高めました。

この5アイテムは持っていって重宝しました。

次回は、「持っていくべきだったもの」を書きます!

*********************************************************
★☆編集後記☆★

疲れがお腹にきて週末は久々に寝こみました。

楽しみにしていた診断士の友人宅でのランチ会と、M美の
毎年恒例クリスマスフラメンコ発表会を両方ともキャンセル
せざるを得なかったのが本当に残念でした。

Yさん、M美、ごめんなさい!

★☆先週のONTAD☆★

ネイル「リンメル スピーディフィニッシュ315」

WEBマガジン「ミモレ(mi-mollet)」で知りビック
カメラ有楽町店で購入。 アラフィフの手には色馴染みがよかったです。

*“ONTAD”とは”One New Thing A Day”、
文字通り1日1つ新しいコトの体験を記録していきます。
*********************************************************