インスティルの仕事場・遊び場

銀座の女性中小企業診断士社長の日常です。

朝ルーティーンの買い物がまさに無意識だったと実感した件

time 2021/09/27

朝のルーティーンは本当に無意識
に行っていますね。

毎週出勤途中で立ち寄っている
パン屋さんのテナントが替わって
いたことに3週間も気づかずに
いました。

毎週サンドウィッチを買っていたお気に入りの店

毎週必ず日暮里駅構内のecuteに
入っている「満」というパン屋
さんに立ち寄っていました。

ここで昼食用にサンドイッチを
ひとつ購入するのが毎週のルー
ティーンでした。

それも必ず「タンドリーチキン
サンド」だけを買っていました。

チキンとスパイスとオニオン、
そして味の決め手のチーズの
バランスがよく、

たんぱく質もしっかりとれて
お気に入りの一品でした。

店員さんにも顔を憶えられて
短い会話を交わすことにも
楽しさをおぼえていました。

店員さんと商品が変わってもしばらく気づかず

変化に気づいたのは、まず
親しかった店員さんが見かけ
られなくなったことです。

が、アルバイトの方が変わる
のはよくあること

と、さして気にも留めずにいま
した。

次に「あれっ」と思ったのは、
お気に入りのタンドリーチキン
サンド」が店頭から消えた時
です。

最初は「珍しいな、品切れか」
くらいに思っていたのですが、

毎週品切れが続いたので、

さすがにおかしいよな、思い始
めました。

3週間後にようやく気付く

その日もやはり店のショーケースに
タンドリーチキンサンドがなかった
ので、思い切って店員さんにきいて
みました。

「あのータンドリーチキンサンド
は最近作らなくなったのですか?」

すると申し訳なさそうに、
「すみません、あれは『みつる』さん
が販売されていら商品ですよね。
3週間前に閉店されて、私どもが替わり
に入ったんですよ。」

店員さんからの返事に驚きました。

お店ごと替わったことに3週間も
気づかなかったのか、という自分に
です。

いかに無意識に買っていたか、

なぜ、こんなにも自分は気づくのが
遅かったのだろうと理由を考えてみ
ました。

-エコバッグをもっていて店の袋を
使わないので認識が遅れた。

-新しいお店が”居抜き”で営業して
いたのでショーケースや店構えに
あまり変化がなかった。

でも一番の理由は、ほぼ無意識に
同じ曜日に同じパンを購入していた
ことにあるのでは、と思いました。

なぜなら店構えに変化がなかった
とはいえ、

店名やロゴマーク、品揃えは全然
違っていたからです。

目にはモノが映っているけれど、
情報として脳に届いていない、
認識する様にと指令が出ていない
様な状態なのでしょう。

決断のために一つひとつ考える時、
脳はたくさんのエネルギーを消費
します。

その消耗を抑えるために無意識で
行動するといわれますが、

改めてルーティーンを無意識に
行っていることの多さに気づき
驚いた一件でした。

*********************************************************
★☆編集後記☆★
・昨日・今日とふたたび創業のご相談。
お洒落でかつ美味しそうなお店がまた
お隣の区にできそう。来春が楽しみです。

★☆ONTAD☆★
・本「長い一日」滝口悠生

*“ONTAD”とは”One New Thing A Day”、
文字通り1日1つ新しいコトの体験を記録しています。

★☆ブログの執筆者☆★

松原和枝 プロフィール

★☆オンラインコンサルティング☆★
ZOOMで行います。
単発と3回1セットの2種類のコース。
単発は、60分22,000円、2時間33,000円(いずれも税込)

東京都創業補助金、小規模事業者持続化補助金
の申請書(事業計画書)作成支援も承ります。

詳細は、こちらから

コンサルティング

現在2021年10月12日(火)以降で予約を受けております。

お申込みは、こちらから

お問合せ

★☆株式会社インスティル ホームページ☆★
*********************************************************