インスティルの仕事場・遊び場

銀座の女性中小企業診断士社長の日常です。

社内だけじゃない!生産性を高めるには”別人”にならなくてもよい環境が一番

time 2016/03/25

IMG_2530

少し前の話になりますが、同業の友人がFacebook
でシェアしてくれたこの記事に大いに共感しました。

というのは、まさにこの結論が正しいと身をもって
感じたからです。
グーグルが突きとめた!社員の「生産性」を高める唯一の方法はこうだ

 

詳細はこの記事を読んでもらえればわかりますが、

結論を言ってしまうと、グーグルが調査した結果、
職場での生産性を高める唯一の方法とは、

「心理的安全性」だったそうです。

「心理的安全性」とは、他者への心遣いや共感
あり、

職場で別人格になって振る舞うのではなく、ありの
ままの自分でいながら働ける ということです。

先日今期の契約を終えた某クライアントさんの職場
は、まさにこの心理的安全性が確保されていた環
境でした。

トップの方の能力が素晴らしく、常に業務全体の進行
に目を配りながら、担当者各人の業務内容や忙しさ
ついてコミュニケーションをとりながら、把握し続けて
くれたからです。

そのおかげで私らは、恐れることなく、発言にも必要
以上に気を回すことなく業務遂行に集中出来て

結果としてクライアントの満足度を満たすサービスが
提供でき、次年度につながりました。

「心理的安全性」は、1つの組織内や、私が体験した
委託者ー受託者間だけでなく、

パートナー企業との間においても、今後生産性を
高める
上でますます必須の要素になっていくでし
ょう。

元々、他者への心遣いがあり共感力の高い方々と
仕事をすることを選んでいますが、より一層この方
向でいこうと記事を読んで決意しました。

これから起業する方には、是非「心理的安全性」こそ
優先してほしいポイントです。

ありのままに振る舞えることと、
その反対に別人格で仕事しなければならないこと。

両者の精神的負担の違いは想像以上に大きく、
結果もまた想像以上に差が出ますから。

*********************************************************
★☆編集後記☆★
午前中から打ち合わせ2件。最初は以前勤めていた会社で。
担当者の方にお誘いいただきランチ。以前の職場のビルが
すっかり様変わり。地下1階は昔は古い社食しかなかったの
にお洒落なお寿司屋さんが出来ていてオススメの穴子丼を
頂きました。

★☆お知らせ☆★
◆「ID-POSデータ 入門セミナー」 4月22日(金)

◆「コンサルティング」 現在4月11日(月)から承っています。

★☆ONTAD☆★
「鮨処 順 丸の内店」
*“ONTAD”とは”One New Thing A Day”、
文字通り1日1つ新しいコトの体験を記録していきます。
*********************************************************