インスティルの仕事場・遊び場

マーケティングと思考習慣で「細く・長く・健やかに働く」人と会社を支援する、銀座の女性社長ブログです

お問合せのトリガーは詳細なプロフィール

time 2018/05/15

青空にプロフィールと書かれた案内板

ウェブ経由でお問合せくださる方は、私のプロフィールの 情報の中に、ご自身との共通項を見出されたのをきっかけにアクションをとる方が多いです。

プロフィールは、自分が「この情報はどうかな?」と思ったことでも盛り込んでおいた方がよいでしょう。相手の方がどこに共通点を見出されるかは意外にわからないものです。

診断士を目指す女性からのお問合せ

先日ウェブサイト経由で、或る女性の方からお問合せを頂きました。

配慮があり且つ簡潔な文面で、自分は現在診断士を目指している。
偶然ブログを見つけ読んだ。うちの会社が現在スタッフを募集しているか知りたいという内容でした。

「追伸」には、住んでいる場所が近いとプロフィールで知ったので「勝手に(と書いてあった)」親近感を感じ問合せしてみたともありました。

生憎現在スタッフの募集はしていなかったので、その旨を正直に告げると共に、興味をもって問合せしてくれたことに御礼を伝えました。

私よりも恐らく20歳以上若く、最近上京し、働きながら中小企業診断士を目指しているという女性が連絡してくれたことを嬉しく思いました。

まだ見ぬ人との共通項を増やすためにプロフィールを充実させる

面識の全くない、かなり年上の人間にいきなり連絡することは、相当勇気がいりますよね。私ならやりたいけれど出来ないかもしれません。

推測するに、彼女の熱意と共に私に連絡するというアクションを後押ししたのは、おそらく「住んでいる場所が近い」という共通項だったのではと思います。

今回の件だけでなく、過去の仕事の依頼でも、プロフィールをまったく読まずに問合せされた方は皆無でした。

人は出身地域や住んでいる場所、好きな食べ物・場所、旅行した国。どんな要素でも共通な情報を持つとそこからその人への関心が広がります。

そしてプロフィールは、自分がこの情報はどうかな?と思ったことでも盛り込んでおくべきです。

「◆行ったことのある国・都市」をしっかり読まれて「モンゴル、実は私もいきましたよ」と声をかけてくださったクライアントさんや「ASUS のX205TA、私も使ってますよ。安い割にいい仕事しますよね」という同業の方もおられました。

まとめ

詳細なプロフィール情報はお問合せのトリガーになります。

本業の説明はもちろん、趣味や関心事、過去住んでいた場所等プロフィールの情報も書くことで、相手の方は親近感がわくからです。

自分が「この情報はどうかな?」と思ったことでも盛り込んでおいた方がよいでしょう。お問合せされる方がどこに共通点を見出されるかは意外にわからないものです。

*********************************************************
★☆執筆後記☆★
昨日は終日家で仕事。ウェブサイト、ブログサイトの編集
と某書類審査。家での仕事のメリットは隙間時間にちょこ
っと家事ができることですね。洗面台の掃除はたった3分半で
終わると昨日初めて気づきました。今日からもっとマメにやろう。

★☆パワーアップアイテム☆★
冬物初春ものお洒落着洗い。本「グレイトフルデッドにマーケティングを学ぶ」

*「パワーアップアイテム」とは?

あなたのパワーアップアイテムは何?「スーパーベターになろう!」

★☆執筆者について☆★

松原和枝 プロフィール

★☆ID-POS購買データ分析サービス☆★

★☆マーケティング相談☆★

マーケティング相談

★☆インスティルへのお問合せ☆★

★☆インスティル ホームページ☆★

******************************************************