インスティルの仕事場・遊び場

銀座の女性中小企業診断士社長の日常です。

出来る人がポロっと言ったことには真実がある

time 2019/12/05


(六本木ヒルズのクリスマスマーケットの風景)

奇しくもまったく別の場所で

年代もキャリアも異なる2人の
人から最近きいたセリフです。

「出来る人がポロっと言ったことには真実がある」

「パリとか似合うんじゃない?」と言われその場で航空券予約

最初に耳にしたのは、

先月飯田橋のKADOKAWA本社で行われた
伊藤喜之さんのセミナー。

とある飲み会の席で、
彼が某ブランドのビジネスウーマンに、

「伊藤君、パリとか似合うんじゃない?」
とポロっと言われたら、

爆速でパリ行きの航空券を予約した
という話。

パリに行くと、彼のユニークなファッ
ションがハイ・ブランドの目に留まり

ルイ・ヴィトンから
「もし、パリでアーティスト活動する
なら、ルイヴィトンの工房とか使った
らどうか?」

と、嘘のような驚きのオファーを受け
て、あれよあれよという間にアーチスト
活動を始めたという。

それ以来、

出来る人がポロっと言ったことに、
お金と時間と体を使うことにしている

といいます。

ポロッと漏らした事は、やはり手をつけなきゃと思っていたこと

次に同じセリフを聴いたのは、昨日。

六本木グランドハイアットの
フィオレンティーナ」で打合せ
していた時、

打合せ相手で長年の友人でもある
Yさんが

「前から出来ると思ってるAさんが、
ポロっと漏らした『〇〇』にはっとして。

やはりそこに手をつけなきゃと思った
んだよね。」

と。

面白いことに、2人とも共通して言って
いたのは、

ポロっと漏らした当の「本人」は、
全然大事なことを言った意識がない
ということ。

ところが、

受け取った方(ここでは、伊藤さんと
Yさん)は、

それを重要なメッセージととって、
すぐ行動に結びつけたということ。

その結果、2人とも想像してた以上
の成果を得ている。

不思議ですよね。

ところが、この後さらに不思議な
ことが。

Yさんと某ビジネスの話をしている時、
彼女が独り言のように呟いたことに、
私自身がはっとしたのです。

「〇〇っていう言葉は、最近はもう
使ったらだめだよね。」

その一言で、ここ2年程、先延ばしに
していたことに早速着手しようと
決心しました。

出来る人がポロっと言ったことに、
時間とお金と労力を使う。

真理かなと思いました。

*********************************************************
★☆編集後記☆★
いよいよ師走。友人知人取引先との食事会・
忘年会シーズンに突入。

★☆ONTAD☆★
・六本木ヒルズ クリスマスマーケット

*“ONTAD”とは”One New Thing A Day”、
文字通り1日1つ新しいコトの体験を記録していきます。

★☆マーケティングコンサルティング☆★
現在、2020年1月6日(月)以降でお申込みを受付けています。

2020年から「売れる仕組み作り」に取り掛かりたい方、
見込み客の見つけ方、「ならではの良さ」の発見、
集客方法、告知文章の書き方、データにもとづく
販促提案など個別のお悩みにもお手伝いします。

詳細は、こちらから

コンサルティング

お申込みは、こちらから

お問合せ


*********************************************************