インスティルの仕事場・遊び場

銀座の女性中小企業診断士社長の日常です。

東京都の「非対面型サービス導入支援事業」

time 2020/06/24


6月18日から申請受付の始まった東京都
の「非対面型サービス導入支援事業」が
意外に使える割に、相談窓口での認知度
が今ひとつ低い印象があり、

顧客企業や知合いの事業者さんに紹介し
ています。

どんな支援内容なの?

今まで提供している対面型サービス事業を
活用して、新たに非対面型サービスに乗り
出した際、

その経費、具体的には備品購入費や、
委託・外注費、販促費に対して助成金が
出るものです。

例えば、
・今までワインバーを経営していた方が、
 ワインのECサイトを立ち上げた。

・これまでピアノ教室を運営していた方が、
 新たにオンライン上でピアノを教える
 サービスに着手した。

などの場合、新サイトの構築費用や宣伝
用のパンフ、チラシ作成費の助成が最大
200万円まで受けられます。

主なチェックポイントは、次の3点です。

1 「新たに始めた」非対面型ビジネスか?

たとえば、以前からずっとワインバーもワイン
の通販も両方やっている方は、今回の対象に
はなりません。

2020年5月14日以降で「新たに始める・始めた」
非対面型ビジネスであることが条件です。

2 既存の対面事業を活用した非対面型ビジネスか?

たとえば、それまでワインバーだけを営んで
いた店主が、これからワインのネットショップ
を開こうという場合にはOKですが、

店主が今回新たに特技の英会話を生かし、
オンライン英会話レッスンを提供しようという
申請内容の場合はダメです。

なぜなら既存事業と関連性がないからです。
この点も注意が必要です。

3 顧客向けであるか?

「非対面型ビジネス」という名前がついている
通り、あくまでもビジネス、つまり売り先で
ある「顧客」とのやりとりのための経費である
ということが条件です。

従業員同士向けの対策には、今回の経費は申請
できませんので注意が必要です。

「令和2年度非対面型サービス導入支援事業」
・助成対象者:都内中小企業者(会社・個人事業主)
・申請受付期間:令和2年6月18日~7月31日まで(郵送【必着】)
・助成限度額:200万円(下限は50万円)
・助成率:3分の2以内
・助成対象経費:インターネット販売サイトの制作等、
非対面型サービスの導入に係る経費の一部
(「備品購入費」「備品リース費」「委託・外注費」「販売促進費」)

詳しくは、こちらの事業特設ページ
募集要項をよくお読みください。

また、特設ページの下部にある「Q&A」にも
目を通すと、より理解が深まります。

1社でも多くの必要とされている事業者さんに
届きます様に・・・!

*********************************************************
★☆編集後記☆★
・区のコロナ支援総合窓口対応。持続化給付金の
添付書類不備の理由がわかりなるほど、と思いました。
次回以降のブログで書きます。

★☆ONTAD☆★
・アプリ「InShot」で動画編集

*“ONTAD”とは”One New Thing A Day”、
文字通り1日1つ新しいコトの体験を記録しています。

★☆ブログの執筆者☆★

松原和枝 プロフィール

★☆オンラインコンサルティング☆★
SKYPE, ZOOMなどオンラインで行います。
単発と3回1セットの2種類のコースがあります。
単発は、60分22,000円、2時間33,000円(いずれも税込)

現在、2020年7月14日(火)以降でお申込みを受付けています。

詳細は、こちらから

コンサルティング

お申込みは、こちらから

お問合せ

★☆株式会社インスティル ホームページ☆★
*********************************************************