インスティルの仕事場・遊び場

マーケティングと思考習慣で「細く・長く・健やかに働く」人と会社を支援する、銀座の女性社長ブログです

字面から入るか、音から入るか? 文章推敲のスタイルはいろいろ

time 2018/02/02


いったん書いた文章を推敲する時は、
主に字面を眺めてよりよい言葉に直す
ことが多いです。

一方で、書いた文章を頭の中で音声化
して、そのリズムで修正を施す方も
いらっしゃいますね。

推敲のスタイルもいろいろあること
に気づき、面白いなと思いました。

目から入る私のスタイル

推敲する時、私は全文を書いた後、
主に字面をざっと眺めて漢字・
カタカナ・ひらがなのバランスと、

熟語と慣用句の割合などを整える
ことが多いです。

漢字ばかりが多いと、1センテン
スが真っ黒い塊のように見えて
読みにくいな、

と一部の漢字をひらがなに直し
たり、

またある時は、訪問、支障、熟読
など熟語が多いと感じたので、

「訪問→足を運ぶ」などやまと言葉
に変えてみたりします。

あくまでも自分の意識の中では、
目で字面を追っているだけで、

頭の中で音声化することは意識して
いません(無意識には音声化している
のかもしれませんが)。

に視覚に頼った推敲だと思います。

耳から入る友人のスタイル

ところが、先日一緒に食事をした
友達のTちゃんの推敲方法はそれ
とは異なり、

文章を頭の中で音声化して、
リズムがおかしい箇所に手を入れて
いくのだそうです。

文章を書くのが大好きな2人ですが、
推敲方法のアプローチが異なることに
気づきとても興味深いと思いました。

ちなみに私は、音声教材などもどちらか
というと苦手です。

ごく短い時間しか集中できず、すぐに
疲れを感じます。

一方Tちゃんは、TED等を好きで毎日聴く
習慣があり、苦労なく音でのインプット
が出来るようです。

肌触りや味覚から入る人もいるかも?!

きっと、文字から「ざらっとした」
「すべすべした」などの触感を感じとり
ながら文章に手をいれたり、

「すっとする」「あまい」など嗅覚や
味覚に置き換えながら推敲する方も
きっといらっしゃるのかもしれません。

人間の五感は不思議で神秘的なもの
ですから!

あなたなどのタイプですか?

*********************************************************
★☆執筆後記☆★
先月友人から誕生日プレゼントに貰ったシャネルの
口紅がいい感じ。見た目は赤みが強い印象ですが、
実際つけるとローズがかった落ち着いた赤に。
普段使いも問題なくできて重宝しています。
ありがとうM美さん!

★☆今日のパワーアップアイテム☆★
神田の洋食屋「七條」。CHANEL ROUGE ALLURE 135ENIGMATIQUE

*「パワーアップアイテム」とは?

あなたのパワーアップアイテムは何?「スーパーベターになろう!」

★☆サービスをリニューアル ☆★

マーケティング相談

★☆執筆者について☆★

松原和枝 プロフィール

★☆インスティル ホームページ☆★

******************************************************