インスティルの仕事場・遊び場

銀座の女性中小企業診断士社長の日常です。

30代でやっておいたほうが良いこと 私の場合

time 2020/02/07


(イグアスの滝。実際には写真以上の迫力です)

今通っている乗馬クラブでは、
「クラブ便り」というニュース
レターを毎月出しています。

この中で、
インストラクターはじめスタッフ
の皆さんが近況や気付きを書かれ
ているページがあり、

それぞれの個性が出ているので、
読むのを楽しみにしています。

最近レッスンでお世話になっている
S先生の、クラブ便りの担当ページに、

「30代でやっておいたほうが良い
ことがあれば是非教えてください」

とあったので今日は書いてみます。

個人的に、30代でやっておいて
良かったと思える体験は、

「海外旅」です。

それも人気の旅行地だけでなく、

偶然を利用したり、自分が前か
ら気になっている土地にいって
みたことです。

33歳の時、アルゼンチンへ旅行
しました。

行くきっかけは、学生時代からの
友人M美の従姉妹、Kさんが、

日本人学校の教師としてブエノス
アイレスに赴任していたこと。

M美から、Kちゃんの所に遊び
に行くけど一緒に行く?と
誘われ、

「アルゼンチン!こんな機会
でもないと一生行かない」と

即OKしました。

まさに偶然からの旅です。

当時私は会社を辞めたばかりで、

まずニューヨークで1ヶ月アパー
トホテルを借りて過ごしたあと、
ブエノスアイレスへ行きました。

ニューヨークからならさほど
時間がかからないだろうと
たかをくくっていたら、
10時間半もかかり、

ブエノスアイレスの国際空港に
降りたらもうヘロヘロでした。

ちなみに日本からブエノスアイ
レスは当時23時間くらいかかって、

東京から来たM美は私以上に
ヘロヘロでした。

この時の旅行の思い出は今でも
とても鮮明です。

何しろ文化が違い、食べもの
も大自然のスケールも全く違う
国で受けた印象は強くて、本当
に良い思い出です。

特にイグアスの滝のスケール
には圧倒されました。

滝壺近くまでボートで近づいたり、

亜熱帯の林の中を延々とトレッキング
したり、

若さがあったから楽しめたんだと
思います。

とはいえ、体力があるという意味では、
50代もまだまだあるともいえますが、

圧倒的に当時と今が違うのは

「欲望の質の違い」です。

時代もあると思いますが、

31歳の時に初めて行ったニューヨーク
では、

もう欲しいものだらけ、行きたいところ
だらけでした。

雑誌「FIGARO」を参考に、
事前にお店をリサーチして、

洋服、コスメをたくさん買った後、

こじゃれたレストランを予約して
ディナーを食べました。

買える時に「またニューヨークで
楽しめるように仕事がんばろう!」

という気持ちになりました。

キャリアも人生も発展途上。

先もまだ見えていない30代だから、

上昇志向のある場所が心地いい
というのがあったと思います。

50代の今は何といっても物欲が
激減しているし(笑)、

自分の働き方もライフスタイル
もほぼ固まっているので、

あの時と同じ「熱量」でニュー
ヨークを楽しめるかなというと
ちょっと疑問です。

ということで、
30代でやっておいて良かった
ことは、私の場合海外旅でした。

ところで人生の先輩の皆さん、

50代後半、60代、70代でやって
おいて良かったことが
あれば是非教えてください!

*********************************************************
★☆編集後記☆★
農業関係のクライアント企業さんから
立派な原木しいたけを頂きました。
野菜・果物・きのこ・豆類・穀類など
季節ごとに様々なお裾分けを頂くのが
嬉しいです。

★☆ONTAD☆★
・Do Organic 「ボディエマルジョン」

*“ONTAD”とは”One New Thing A Day”、
文字通り1日1つ新しいコトの体験を記録しています。

★☆ブログの執筆者☆★

松原和枝 プロフィール

★☆マーケティングコンサルティング☆★
現在、2020年2月17日(月)以降でお申込みを受付けています。

単発と3回1セットの2種類のコースがあります。

詳細は、こちらから

コンサルティング

お申込みは、こちらから

お問合せ

★☆株式会社インスティル ホームページ☆★
*********************************************************