インスティルの仕事場・遊び場

マーケティングと思考習慣で「細く・長く・健やかに働く」人と会社を支援する、銀座の女性社長ブログです

銀座2丁目「バンゲラズキッチン」でマトンビリヤニを堪能 !

time 2018/07/30

パエーリャ、リゾット、釜めしにルーローファン・・・。

お米料理が大好きな私ですが中でも
ビリヤニが大好きです。

銀座の南インド料理店
バンゲラズキッチン」で食べた
ビリヤニが絶品でした。

ビリヤニとは?

ビリヤニとは、お米をスパイスと
野菜、肉等と合わせ炊いたお米料理
のこと。

初めて食べたのは確かマレーシア
だったと思いますが、

お米にお肉とお野菜の旨みが浸みて
いてそこにスパイスの複雑な味が絡み
何とも言えない美味しさで感動した
記憶があります。

以来、日本でビリヤニが食べられない
かとネットで探していたら、

最近銀座界隈にビリヤニ料理を出すお店
が増えたことに気づきました。

それで満を持して先週日曜の午後、
銀座にヘアカットに行った後「バンゲラ
ズキッチン」でビリヤニを味わってき
ました。

「バンゲラズキッチン」はどこにある?

「バンゲラズキッチン」は銀座2丁目
の「銀座インズ2」の2階にある南インド
料理店です。

お店に入ったのは、日曜日の13時半過ぎ
でしたが、店内はほぼ満席。

かろうじて2名用テーブルが1つだけ
空いていたのでそこに通されました。

メニューを見て早速マトンビリヤニを
注文。

絶品のマトンビリヤニ

私はビリヤニなら断然マトンです。
羊の脂の旨みがスパイスやお米とすごく
合うと思うからです。

待つこと約25分。趣のある器に盛られて
運ばれてきました。

添えられたヨーグルトサラダを薬味の
ようにして頂きます。

香ばしく複雑な味で、期待以上に美味
しく、いくらでも食べられそうで怖
かったです。

ビリヤニの他は「サバのラワフライ」
を注文。

セモリナ粉をお魚にまぶしスパイ
スも加えカリっと揚げたもの。
こちらも夏によく合う一品でした。

平日ランチでは食べられないので注意!

余りにビリヤニが美味しかったので
お店の女性店員さんに、
「また平日にビリヤニを食べに来ます。」
と言ったところ、

「申し訳ないです。ビリヤニは作るのに
時間がかかるので平日のランチでは
お客様をお待たせしてしまうのでお出
ししていないのです」

とのこと。

確かに時間がかかるお料理ですものね。
納得しました。

ビリヤニを食べる際には、ディナーか、
土日のランチに行きましょう。

「バンゲラズキッチン」はビリヤニ
やラワフライだけでなく、

他にも日本人にはまだなじみのない
南インド料理が沢山あります。

また近々、今度はランチ時に行って
それらを注文してみたいと思います!

*********************************************************
★☆執筆後記☆★
日曜日朝、台風一過の東京地方でしたがまだまだ
お天気は不安定で久しぶりに「狐の嫁入り」に
遭いました。

★☆昨日のパワーアップアイテム☆★
自家製ボルシチ、本「メイキングオブ 勉強の哲学」

*「パワーアップアイテム」とは?

あなたのパワーアップアイテムは何?「スーパーベターになろう!」

★☆執筆者について☆★

松原和枝 プロフィール

★☆購買データ分析の専門会社 インスティル ☆★

★☆ID-POS購買データ分析サービス☆★

★☆マーケティング相談☆★

マーケティング相談

★☆お問合せ☆★

******************************************************